手鏡制作その2

  • 2017.05.11 Thursday
  • 22:48

 

こんばんは!

鏡制作過程の続きです。

 

 

 

前回の続きですがさらに段数を増やします

 

 

こちらがぐるっと1周したところ。

 

さらに段を増やすと内側に巻き始めます。

シードビーズの個数の問題でこのようにわざと巻くようにしています。

 

 

 

くるっとまたも1周回るとクルンと内巻きになった状態になります。

この時点で初めて鏡をセットします。

 

そして最終段階の篝に入ります。

この後に締めるための処理をして完成です。

 

さてさて、あまりにもアバウトかつ、単純すぎて楽しくない画像になってしまいました。

割に細かに見えるものほど、単純作業の繰り返しで成り立つものが多く

地味にここまでの工程を終わらせるのには数時間はかかります。

 

たまに配置の色を間違えたり数を間違えて

ほぼ1周したのにも関わらずほどく…なんて悲惨な時もあります。

実は価格の割には労力が半端ないお品物の1つだったりする訳です(苦笑)

コメント
半端ない労力、伝わってきました
間違えた時は編み物の数倍過酷そう
最後の最後に鏡にかぶせるんですね
色々わかって面白かったです
それにしてもひとつ作り上げるのにすごい集中力と根気が必要ですね
家にある二つの手鏡、ますます大切にしていこうと思います
どうもありがとうございました
  • Rneko
  • 2017/05/13 10:36 AM
Rneko さま

コメントありがとうござます!!
昔は間違えるとそれだけで気力が無くなって
しばらく放置とかありました(汗)
大分指が覚えたので、慣れては来ましたがまだまだです。

最後に被せるのも鏡を傷つけないためでもあるのです。
鏡面は傷はそう簡単には入らないのですが
裏面は保護はしてあるのですが、ビーズもガラスなので
こすれて細かな傷がつくのを防ぐために最後に入れるようにしています。

また単純な作業が多いですが、こうしてあげたりしますので
見てやってください。
  • yukiko
  • 2017/05/13 11:23 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM